テレフォン人生相談

僕はラジオが大好きです。
ラジオを聴くことが生きがいと言っても過言ではありません。
中学1年生の2007年に初めてラジオを聴きました。
ラジオから聴こえてくる別世界に感動したのを今でも覚えています。
ラジオが好きすぎて色々な番組を聴いていたのですが、学校がたまたま平日で休みの日がありました。
いつも通りAMにチューニングを合わせて聴いていると、
電話のベル音。受話器を取る音が聴こえて来ました。
この日僕は「テレフォン人生相談」と出会いました。

悩みを打ち明かす相談者に対して真摯に向き合うパーソナリティーと先生のやりとりにどんどん引き込まれていき、
多種多様な悩みを的確なアドバイスで次々と解決していくそんな姿に今でも心を打たれています。

そして、たまに自分が持つ悩みと同じ悩みがテーマになることがあります。
そんな回の時はいつも以上にラジオに耳を集中させます。
相談に対しての解答がなされると、相談者だけでなく僕も進むべき方向性が見えたり、改善点が得られたりなど、モヤモヤしていた悩みに突破口が開かれることが多いです。
そして、希望が見えて来ます。
さらに同じ悩みを持つのは僕一人だけではないと分かり、安心します。
この希望や安心感を求めて僕は「テレフォン人生相談」を聴いてきました。

このように僕は「テレフォン人生相談」のおかげで心が支えられてきました。
そんな精神安定剤となっている「テレフォン人生相談」が大好きです。

そしてただ、「聴く」だけではなく、「残したい」という思いから、このブログでもテレフォン人生相談を題材にし、ログとして残そうと思いました。

テーマは「発達障害」「引きこもり」「人間関係」などを扱おうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です