発達障害とは

近年発達障害がメディアで取り上げられるようになり、世間にも周知され始めるようになりました。

発達障害とは生まれつき脳の構造に特性があり、その特性が世間において少数であるために生じる問題です。

生じる問題は年代によって異なりますが、大人になるほど問題が深刻化すると言われています。

理由はコミュニケーションをとる相手の幅が広がるからです。

発達障害を大きく分けると

①自閉スペクトラム症(ASD)

②注意欠如・多動症(ADHD)

③学習障害(LD)

④知的能力障害群

の4つに分類されます。

簡単に4つの特性を述べると、

①ASD→対人関係が苦手で自分のやり方を重んじる。

②ADHD→落ち着きがなく、集中しづらい。

③LD→読み、書き、計算ができない。

④知的能力障害群→知的な能力が低く、学習や社会適応に困難が生じる。

※③LDは能力が弱い部分が一部的であるのに対して、④知的能力障害群は全体的である。ex)③LDの人は推論をできるが、④知的能力障害群の人はできない。
また、IQの違いで分けられることもある。

上記のような特徴により、本人には悪気がなくても周りの人が誤解してしまう。また、周りのペースややり方に適応することができません。

このような問題は登校、引きこもり等の事態に発展し、さらに鬱病の発症や精神疾患など問題は深刻化してしまいます。

したがって、発達障害を持つ人にとって自分を守るという意味で上手に生きていくためには、まず自分自身の特性を理解し、その特性に合った生き方をしていく必要があります。

※参考にした本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です